ネットで確認伊豆大島

投稿・寄稿

投稿&寄稿 「禿げ山」

voice

 

小学生のころ、家の近くの禿山に登って遊んだことがある。
 
それまで杉の木が山を覆っていたが、ある日伐採されていた。
 
禿山になって山の地肌がむき出しになると、登るのにそんなに難しくないことがわかったので、
 
子供たちは絶好の遊び場を見つけた気分になった。
 
上と下とで陣取り合戦みたいなことをやった。
 
唐人草という竹の古くなったものを槍として投げ合った。
 
今思えば大分危ない遊びである。
 
もし目に刺さったら大変なことになる。
 

でも私たちは若い青々とした竹は決して投げなかった。
 
「危険」を知っていたからだ。
 
ある日O君と二人で登った。
 
いつもはもっと多人数で登るのだが、その日はなぜか二人だった。
 
「すみれの花のここのところを吸うと甘いよ」

 

O君はわたしに教えた。
 
吸ってみるとほのかに甘い味がした。
 
禿山の頂上で腰を下ろした。
 
手前に家並み、そして青い海。その向こうに遠く島影が見えた。
 
早く向こうに行ってみたいと思った。
 
まだ一度もこの町から離れたことがない。
 
しかし、父や母が連れて行ってくれるだろうとは思わなかった

 

むしろ、自分は一人でいつか必ずあっちのほうに行くだろうと思った。
 
voice

 

 

「遠いなあ」とO君。
 
「うん」と私。
 
大きくなってあっちのほうに行ったら、こっちにはあまり帰ってこなくなるような予感がした。

 

 

 

(by=岡田  Kさん)

ご案内

意見 提案 疑問 生活していく中でいろんな思いがあると思いますj。

 

趣味の写真、動画 エッセイ 俳句 小説 詩 主張など、多くの人に見てもらい、読んでもらい、それをきっかけに新しい友人ができるかもしれません。
仕事や生活の役に立つかもしれません。

意外と狭い人間関係のなかで暮らしていると実感するかもしれません。

 

情報提供・疑問・質問でもかまいません。

 

投稿することでそれを知っている方が回答してくれるかもしれません。
ネットのいいところはそれがあっという間にできることです。
そういう使い方もありだと思います。

 

 

 

このページはそんな方々のためのページです。
投稿は匿名でもペンネームでも構いません。
メールで24時間365日連絡できます。
お待ちしています。

 

voice
アドレス  shimabito2015@gmail.com

 

BY/管理人

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 最近のニュース back number コラム 投稿・寄稿