コラム

コラム

voiceのコラム

コラム

 


「スイスのある町の話し」


スイスのある街ではこういうグループがあるという。

 

1ドルを払って自分の得意なこと、特技などを登録すると、街の広報誌みたいなものに紹介される。
すると、それをみて街の人が依頼する。
たとえば、料理とか、大工仕事とか、野菜つくりとか、ベビーシッターとか、パーテイの司会とか、日常のちょっとしたことを頼んでくる。
その依頼を両者で話し合い金額を決める。(仲介料などはない)
お互いに頼みたいことがあればそれで料金はチャラにすることもあるという。
そういう活動が街の話題になり、なんでもお金という意識から、助け合いの精神につながっているという。
お金儲けではなく、助け合うというシステム。
自分が必要とされるという喜び。
当然、人によっては能力の差が出る。
その能力のある人に、今度は、街のことを考えてもらうということもありえる。
仕事をしながらの政治家の誕生だ。

 

小さな町という前提なのかもしれない。




結婚式

コラム

コンビニコーヒー

コラム

カロリー早見表

コラム


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 最近のニュース back number コラム 投稿・寄稿